Dr Guts 院長奮闘物語(本音の家庭医)

アクセスカウンタ

zoom RSS GW前の嵐の救急

<<   作成日時 : 2010/04/28 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 明日からGW.その前日の夜の28日の救急病院での夜間診療は忙殺状態。くるくる患者さん。

3日前から発熱の男の子。元気そうだが、なぜ日中に病院にかからなかった?といっても遅し。

夜間診療といってもあくまで救急対応しかできない。日中の病院とは違うのだ。なんか明日から休みなので駆け込み受診が多い。

多くは熱発、胃腸炎、おたふくなどか。でもなんかあやしい腹痛もいたりする。

救急病院での一人当たりの診察のストレスは日中私が自分の診療所でみている3人分くらいにあたる。

なぜかって?それは皆初診で初対面だからだ。全く患者さんの背景も知らない中でやる救急って結構ストレス。

腹痛、頭痛、めまいなどの内科系救急よりも耳に何か入ったとか転んだとか切ったなんて外科救急のほうがその点楽だ。一見して病気怪我の方針や予想がつくからだ。

休憩時間に更新しているが、おっとそんなこと言っている間にまた、一人患者さんがやってきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 確かに大変だと思います。継続的なデータとワンポイントのデータでは判断の適格性が全然違うんですよね。でも、ワンポイントのデータによって、(詳細な検査が必要に成るかもしれませんが。)的確な判断がなされる方が、患者さんにとっては、良い結果をもたらすのではないでしょうか。当事者では無いので、勝手な事を書いています。頑張ってほしいと願います。
ごんべい
2010/04/30 23:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
GW前の嵐の救急 Dr Guts 院長奮闘物語(本音の家庭医)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる