Dr Guts 院長奮闘物語(本音の家庭医)

アクセスカウンタ

zoom RSS 口から大噴射!!1年の始まり

<<   作成日時 : 2011/01/07 13:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あけましておめでとうごいざいます。2011年もよろしくおねがいします。
今年の目標は

ブログ毎日更新!!

がんばります。

新年は1月3日から仕事始め。といってもクリニックは4日からだったかが、
急病センター勤務で18時から24時まで。今年はインフルエンザがまだ流行っていないようで患者数も少なめ。多いのは何と言っても「ノロウィルスもどきの胃腸炎」

家族発症も多い。
ご飯をしっかり食べて急に気持ち悪くなる場合もあり、その時は診察室で要注意だ。

「じゃあ、診察ベットで横になって。お腹触るから」といって患者さんに椅子から移動してもらったとたんに口から噴射!!!!

汚い話ですみません。嘔吐です。
紙袋などの用意をされていないのですぐには間に合わずに診察室中に嘔吐物がばらまかれる。すぐにビニールを付き添いの人に渡すもののビニール口から離れて当てていて嘔吐物をきちんとキャッチできていない!!

このあとが大変。きれいに清掃して匂いも窓を開けてとってとやって時間は10分間くらいかかる。おまけに患者さんは「気持ち悪いよお」と泣き叫んでいる。、まさに違った意味で救急の修羅場。
連れてくる親は子供のことのほうが心配で汚れた診察室やベットのことなどどうでもいいみたい。
「先生、どうですか?この子の弟も先週はいて下痢して・・・入院ですか?
学校とかはだめですよねえ。何か悪いものに当たったとか?」

おいおい質問している場合かよお。とカチンときながら机上のパソコンにも嘔吐が飛散していないかチェックしている自分がいる。

周りの看護師さんが非常に冷静で黙々と清掃業務をしていて「はい、それじゃあ、待合室でビニール加えて待っていてください。沢山はいても大丈夫ですから。あっそれとトイレは曲がってその奥になりますから」

女性はビビらない!強し。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
口から大噴射!!1年の始まり Dr Guts 院長奮闘物語(本音の家庭医)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる