アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「娯楽」のブログ記事

みんなの「娯楽」ブログ


ジム通いしていてもやせない原因は???

2011/01/28 00:53
まじめにジムへ 
年明けからまじめに週に2−3回程度ジムへ行っている。仕事が終わってからの夜9時過ぎからの走りだが、健康には意外によくないかも?

結構仕事で疲れてこんな時にジムか?と自問自答したくなる時もあるが、妙なことに疲れた時は帰って寝るよりも運動したほうがつかれが吹っ飛ぶ。

でも全然体重落ちないなあ。ジムの後に必ず飲むビールが原因かな。

入院させるかいなか?

診療所には入院ベットがないので当然患者の状態が悪くなったら入院させることはできない。
同じ外来でも病院勤めの時は簡単だった。なんか診断に迷ったり、社会的に入院が必要な患者はどんどん自分が主治医になって入院させていた。当然自分の仕事量が増える。自分が外来で診た患者はあくまで自分が責任を持つ。だから他の医師に「入院お願いね」なんてことはできなかったわけだ。

しかし現在院長といえども診療所。熱がなかなかさがらなくていったいこの病気は膠原病なのか感染症なのかわからない状態になっていよいよ困って大きな病院へ紹介。てっきり入院して精査するのかと思いきやあっさり外来で患者は帰された。
帰された足でクリニックへ寄ってもらって様子を聞いたが、診ていてもしんどそうだ。「なんで入院にならないのかな?」と思っても入院させる権利が私にはないのでしかたがない。

そうだ!!日本にもオープンベットがあればいいんだ
病院外の医師が自由に自分の患者を入院させることができるシステムにすればいいじゃないか。患者も初めに診てもらった先生に入院後も診てもらうことが安心するし、病院の医師の負担もなくなる。こんないいことがなぜ日本には普及しない。なぜ入院すると今まで診ていた診療所の先生の手から離れてしまうのか?

深ーい問題ですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新理事と貴乃花部屋

2010/06/25 15:57
なんだか知らないが理事になってしまった

保険医協会という団体の新理事になってしまった。ある方からお声がかかり、現在はとても忙しくて理事どころではなかったが、会議に出れないこともあってもかまわないということと、担当を「地域医療」にしてもらうことを条件にひきうけた。

マスコミは恐ろしい昨日診療中に産経新聞の記者から電話が。「家庭医療の取材か?」と話を聞くと大相撲?
何?って聞くと私は現在貴乃花後援会に入っている。会費は年2万円で公募なので誰でも会員になれる。記者はいったいどこで私が後援会に入っているって聞きだしたのだろう??
今野球賭博問題で角界が揺れているが、貴乃花部屋の力士に関連しているものはいないのかということを聞きだすのが狙いみたいだ。
もちろん、断ったし、私の知り合いでも貴乃花部屋に詳しい人はいないということを話した。
記者というのは取材するのが仕事だけあって必死なのはわかるけれど、あまりいい感じはしなかった。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


今年も貴乃花部屋後援会に入会

2010/04/22 00:13
 今年も貴乃花部屋後援会に入会した。
http://www.takanohana.net/

この部屋の特徴は相撲ファンに敷居が極端に低いことである。後援会というのは相撲でいえば「タニマチ」である。

そう、馬主のような企業のオーナーさんや社長が部屋の力士に小遣いをあげたりして、育てている言うふうに感じだったが、貴乃花親方はよく悪くも癖のないひとでまっすぐらしい。

自分がいいと決めたことは周りの助言を全く受けずに進めてしまうみたいだ。

貴乃花部屋後援会は個人会員であれば年会費2万円で入れる。年に6回番付表が送られてきたり、部屋の行事などにも招かれる(もちろんパーティなどは会費は有料)

私にとってそんなものはあまり興味がない。

一番みたいのは生の朝稽古である。相撲観戦が趣味になってすでに25年。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


世界チャンピオンの親父から受けたマッサージ

2010/04/19 22:16
最近、温泉(天然温泉)にはまっている。

時間がないのでいわゆる温泉にはいけないので郊外で地下を掘りだした「スーパー銭湯」の温泉にはまっている。車で30分くらいの距離にはいくつか天然温泉があり、正真正銘の温泉であることには間違いない。

こんな都会型温泉でも露天風呂でつかれば結構疲れが取れる。

先日あるスーパー銭湯にいった。体も凝っていたのでマッサージへ。

台にごろんと横になり、マッサージ師(50歳代男性)は揉み始めた。

以下会話のやりとり

マッサージ師(以下マ)
「お客さん、すげーこっていますね。こりゃひどいっすねえ。過去3年間で私のやった中で3本にはいりますよ」

私「(心の中で)大きなお世話だ・・・・」

マ「なんか運動なんかしていますか?何時も机に座っているお仕事?」
私「ときたまジムにいったり・・・・。あっ、そうそう子どもと一緒にサッカーもしています」

マ「そうっすかあ。サッカーお子さんに教えているんですかあ。いやあ、僕もねえ公民館でボクシングをちびっこに教えているんですよ」
私「(心の中で)誰もそんなこと聞いていないよ・・・」

マッサージ師のおやじさん、なんかボクシングという言葉で一気に話す話す。
そしてやたらうんちくが多い。今揉んでいるのは何という筋肉だとか聞いてもないのに説明付。

マ「うちの息子もボクシングやっていてですね、いいもんですよね。スポーツは」
私「あっそうすか。 へー、アマチュアで頑張っているんですか?」
マ「いや、一応プロでやっているんですけれどね」
私「へー、すごいですね。でもボクシングの世界は厳しですから4回戦ボーイかなんかですか?飯食っていくの大変ですよね」

マ「いや、一応この前世界とりました・・・」

私「ふーん・・・。はあ?世界????
えっ、世界って世界チャンピオン!??」
思わず親父さんの顔を見てしまった。

おやじさん、勝ち誇った様な満面の顔で
「はい。粟生(あおう)隆寛といいます。」

げげえ、あの天才ボクサー粟生隆寛の親父かよっ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%9F%E7%94%9F%E9%9A%86%E5%AF%9B

ボクシングは私は大好きなのでその後はボクサーの裏の世界などマッサージを受けながら聞けた。親父さんも実は昔プロボクサーだったとか。

ちなみに息子の世界チャンピオンの名に負けないくらいのマッサージの腕前だった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


人生初のJリーグ観戦

2010/04/11 23:44
関東地方も気温が上がった日曜日。どこも最後の花見でにぎわっていた。

小学校2年の長男と二人でJリーグ観戦へ。

画像


画像


地元千葉県のジェフユナイテッド市原対横浜FCの試合。

ジェフは今年度からJ1からJ2へ降格してしまった。正直J1ならともかくJ2なんていうのはプロ野球でいえば、イースタン(2軍)みたいなもの。あまり盛り上がらないのかもなあ・・・
なんて思っていたが、これは大間違いであった!!

16時にキックオフだったが、すでに2時間以上前から黄色のジェフのユニフォームをきた観客でいっぱい。
ホームグランドなのでスタジアムの9割近くの席がすべてジェフ側の応援で占領されている。

その応援というのがすさまじい。

私は今回がプロサッカー観戦が初。野球世代だったのでサッカー?と疑っていたが、今日スタジアムに行って驚いた。

まるでテレビで見ているのと全く違う。52型の大画面なんて比じゃない。

野球と違って「コーラいかがっすかあ」「ホットドックは?」なんていうスタンドを歩く売り子さんはいない。みなすべてがサッカー応援モードなのだ。

球場もジェフ専用ではないので千葉市が所有しており、売店もなんか貧弱だった。ハンバーガーとかポップコーンなどは売っていないし、焼きそばに牛丼、おにぎりくらいのさみしいもの。

私は試合の途中で腹が減って客席で「牛丼」をたべていたが、なんか周りの人に気を使うほど(まるで通勤電車の中で菓子パンを頬ぼる感じ)

野球と違ってサッカーの場合は、試合中は何時ゴールが入るかわからないので気が気でない。前半が終わると15分後には後半が始まり、全試合時間も2時間弱で観戦にはもってこいの長さだ。

結局、ジェフが4−0で快勝した。このまま勝ち進んで来年またJ1に上がってほしいものだ。

野球観戦よりも今後はサッカーにはまりそうだ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


怒りのサッカー

2009/10/17 23:01
いやー、人間40を過ぎると体力低下するものの、すぐ怒る力はウナギ登り。

子供がサッカーをやっていてこのところ隔週で試合がある。結構強いチームだ。

そしてうちのチームはかなりほかのチームに比べて親参加率が高い。お父さんコーチも何人もいるし、毎週土日にグランドで練習があり、雨の時でもやるくらいだ。

画像


自分の子供には実力以上に期待してはいけないのに期待してしまう。

「なんであそこでボール蹴らないんだ!」
「おいおい、相手に押され負けているじゃないか!」などど試合も見ているとだんだんカッカカッカしてもう観客のサイドからサッカーコートぎりぎりまで来てしまっている。うまい下手とかでなくてなんかプレーに熱さがないのだ。そう、ひたむきな姿勢が伝わってこない。

他のお母さん方は「がんばれー。ファイト!」ってきれいな応援しているのに自分だけ「コラあ!!おまえ、相手をつぶせ!蹴りまくれ!」と怒鳴っている。
休憩時間には息子の不甲斐ない試合運びにベンチまでいってコーチがいるのに怒鳴ってしまう。気がつくと周囲には他のお父さんお母さんはいなくてみな「こわー、あのお父さん」みたいな顔している。

結局息子はおびえて私の顔をもう見なくなってしまい、不甲斐ない試合はこれ以上見たくないといって先に私が帰ると後で聞くと息子は次の試合でかなり活躍したりしている。

なぜ最初の試合でがんばらない?と夕御飯のときに聞くと「だって最初から飛ばしているとつかれちゃうじゃん」だって。ったく、7歳の言う言葉かよっ!

子供は親以上にクールで冷静です。

記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


サーカスを見てきました

2008/07/31 07:46
画像


画像


子供たちをつれて千葉みなと駅周辺で行われている「木下大サーカス」を見てきました。
テントには1800人が収容できて夏休みのためか連日満員。

少しお金をはたいてボクシングでいう「リングサイド席」に。

ショーは2時間に及ぶもので後半は子供たちも少し飽き気味。それでもそのレベルの高さはなかなかのもの。
でもサーカスの人って一人何役もこなしている。先ほどまで舞台で一人優雅に曲芸を見せていたきれいなお姉さんが、休憩時間は客席におもちゃを売りに回っている・・・・

人件費節約なのだろうか。
病院もやがてこのように医者が診療して患者さんを送迎したり、雑務のようなことをこなす時代が来るのか?(考えすぎか・・・・・)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


恐るべしポケモン・・・・・

2008/02/10 22:07
連休だ。都内は驚くほどに道はガラガラ。

ポケモンセンター(東京都港区汐留)に家族で行ってきた。
画像
画像


行ってびっくり。ものすごい人なのだ。ポケモンの人気ってすごすぎる!!

店内はほとんど立ち止まることができない程度の混雑振り。ゆっくり選ぶ時間などない。

5歳の息子はそれでもすばやく欲しい品をかごにどんどん入れてレジへ。

まあ、連休でスキーなんかに行くよりは安い買い物かもしれないが、どんどん新しいグッズを作り購買意欲を掻き立てているメーカー側のツボに思いっきりはまっている・・・・・・

5歳の息子は将来絶対医者にならないと決めているみたいだ。
なぜかって?

「お医者さんって、病気になりやすいもん・・・」だって。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ここはホストクラブか???

2007/07/17 22:28
先日、あるものが診療所に届いた・・・・・・
画像


そう、高級酒ドンペリである。

一応宛名は「院長」になっていて、事務員が「先生!!ド、ドンペリですよっ!!こりゃもって帰ったほうがいいっすよ」とはいうものの、洋酒はあまり好きではないし、こんな高級なもの皆の前で持ち帰ることもはばかれるので冷やして皆で診療所で仕事が終わった後に呑むことにした。よくホストクラブのテレビなどで登場する酒である。

結構うちの診療所は皆で集まって飲んだり食べたりするのが好きで月に一度程度「飲み会」をしている。

さあ。それにしてもこの高級酒の送り主は誰だったのだろう????
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


トップへ | みんなの「娯楽」ブログ

Dr Guts 院長奮闘物語(本音の家庭医) 娯楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる